女性の体臭の主な原因

不快な体臭が発生する原因は健康状態の悪化や衛生管理の不備など様々ですが、女性の場合は体調の変化に伴う新陳代謝の低下が大元の原因にあります。

女性は生理によって体調の変化が生じ、それに伴い体内に老廃物が蓄積されることがあります。

老廃物の成分が汗や垢に混入することで不快な体臭が発生しやすくなります。また、女性は化粧品や香水などを使用する機会が多いことから、汗や垢の臭いと混ざり合って強い悪臭に変質してしまうケースもあります。

不快な臭いを軽減させるためには毎日の生活の中で老廃物を蓄積させないように体調管理に気を配り、常に清潔な状態に保つことが大切です。

また、化粧品や香水の使用は最小限に留め、分泌された汗はこまめに拭き取って清潔な状態にすることが悪臭の発生を予防するための重要な心得になります。体調が良好な状態が続くことで不快な体臭が生じにくくなるので、自分自身の健康状態を把握して適切に対処できるように心がけます。

疲れやストレスが体臭の元となる理由

過度なストレスや疲れは、自律神経の乱れを引き起こします。自律神経が乱れると例えば眠くなる時間なのに全然眠気が無く目がさえてしまったり、暑くもないのに汗がにじみ出てくるなど体に様々な不調をもたらします。

すると、本来汗の中に出ることのないミネラルや疲労物質である乳酸が混じってしまいます。このような汗は乾くのに時間がかかって肌がベタベタしますし、乳酸が酸っぱいようなにおいを放つので不快な体臭となってしまうのです。

また、疲れやストレスは体の外側だけでなく内側からも不快なにおいを放つ原因となります。口内の唾液が減って乾くのですが、そうすると菌が増えて口臭が発生します。

胃も消化不良を引き起こして、吐息が臭くなったりします。これらを防いでいくために、ストレスをしっかりと癒して自律神経の乱れを正常にする必要があります。

忙しい毎日でも、特に睡眠時間は七時間ほどとりたいです。汗をそのままにするとにおいが強くなるので、適度に汗を拭いてケアをすると体臭を少し抑えることができます。